スポンサーリンク

神戸の動物園おすすめ2選!パンダが見れる園も紹介

レジャー

動物園の人気者といえば、なんと
いってもパンダですよね!

いつの時代も、変わらぬ人気ですが
今年はまた、パンダブームが再燃し、
日本各地の動物園にいるパンダが
私たちを癒してくれています。

しかし、残念ながらパンダを
見ることができる動物園は、日本に
たった3つしかありません。

「もっとあると思っていた」
「どこでも見られると思っていた」
という方もいらっしゃるのでは?

せっかく動物園にいっても、
お目当てのパンダが見られないと
とても残念ですよね。

そんなことにならないように、
今回はパンダがみられる動物園の
中でも、神戸にある動物園について
いろいろと調べてみました。

その他にも、ケース別におすすめ
したい動物園もご紹介していきますので
是非皆さんのお出かけの
参考にしてくださいね。

[adsense1]

スポンサーリンク

神戸の動物園でおすすめなのは?2つの園を紹介

関西のおしゃれスポットとしても
名高い神戸ですが、デートスポットと
しても人気があります。

そんな神戸には、動物園が2つあり、
それぞれに特徴がありますし
見られる動物も違います。

ここでは、神戸にある2つの動物園に
ついて、それぞれの特徴を
調べてみました。

①神戸市立王子動物園

まず一つ目は、神戸市立王子動物園です。

この動物園は、兵庫県神戸市灘区の
王子公園内にある動物園です。

1928年に諏訪山公園内に開園した
諏訪山動物園が前身となっており、
1950年に開催された神戸博の跡地を
利用して、1951年3月21日
今の場所に移転・開園しました。

王子公園内には、遊園地も併設されて
いるため、動物園を楽しむことだけを
目的とするのではなく、いろいろな
体験をしたいという方におすすめです。

また、春には無料で園内の桜を見学できる
「夜桜通り抜け」というイベントが
行われており、毎年大勢の花見客で
賑わいます。

王子動物園では、ジャイアントパンダ・
コアラ・アムールトラ・アムールヒョウ・
ユキヒョウなどの希少動物が飼育展示
されています。

現在、日本で唯一ジャイアントパンダと
コアラを同時に見ることができる
動物園としても有名です。

ではここで、神戸市立王子動物園の
入園料をわかりやすく表で
まとめましたのでご覧ください。

対象個人団体
30~99人100~299人300人以上
大人(高校生以上)600円540円480円420円
中学生・小学生・幼児無料
兵庫県在住の65歳以上の方
障害者の方

*兵庫県在住の65歳以上の方は、
住所・氏名・生年月日がわかるものを
持参してください。

*障害者の方は、障害手帳をご提示
ください。

神戸市立王子動物園の中には、
旧ハンター住宅という
神戸異人館のひとつとして選定
されている館がありますが、
こちらの入館料は無料です。

ただし、動物園の入園料は必要です。

神戸市立王子動物園は、とても
良心的な金額で楽しめますし、
子供さんは無料ですから
家族連れの場合は非常に
リーズナブルに遊ぶことができます。

また、日本生活協同組合連合会
(生協)のコープこうべを利用している方は、
入場料金が割引になります。

コープこうべの会員の場合は、
入園料が540円になりますので、
会員になっておられる方は必ず
会員証を持参しましょう。

でもちょっと待った!
実は更にお得情報があります。

1951年3月21日に開園した王子動物園は、
開園記念である毎年3月21日は
なんと入園料が無料
になります。

また、王子動物園では飲食の持ち込みが
許可されていますので、お弁当持参で
無料開放日に行くことができれば
ほとんどお金をかけずに
楽しむことが可能です。

ただし、週末と重なった場合は大変
混雑しますので、余裕を持って
おでかけください。

神戸王子動物園公式サイト

神戸市立王子動物園ではパンダが見れる?

神戸市立王子動物園では、
大人気の動物、パンダをみることが
可能です。

かつては、

旦旦(タンタン)メス 1995年9月16日生まれ
興興(コウコウ)オス 1995年9月14日生まれ

の2頭が在舎していましたが、
残念ながら2010年9月9日に
興興が亡くなってしまいました。

現在は、旦旦(タンタン)という
メスのパンダが1頭いるだけですが、
新たにオスのパンダを迎え入れるべく
準備を進めているということです。

神戸市立王子動物園では桜が有名?

神戸市立王子動物園は、神戸市内でも
有数の桜の名所として知られています。

園内には約480本の桜が咲き、通路上の
桜のトンネルが非常に美しいと評判です。

人気のパンダ舎や、異人館「旧ハンター
住宅」付近からも、桜が堪能でき、
動物や歴史的建築物と桜の
コラボレーションが見どころ
なっています。

また、毎年見頃時期に合わせ3日間、
園内の桜をライトアップした
「夜桜通り抜け」のイベントを
入園無料で開催しています。

ただし、動物園に入園することは
できません。

神戸市立王子動物園で人気のお土産は?

出入り口ゲートのすぐ近くと
遊園地エリアには、色々な
アニマルグッズや、王子動物園
オリジナル商品がたくさんある
ショップがあります。

一番人気はなんといっても
パンダのぬいぐるみです。

また、パンダの可愛らしいケースに
入ったチョコクランチも
プレゼントとして人気があります。

訪問の記念に、是非お気に入りの
一品を探してみてくださいね。

神戸市立王子動物園へのアクセス

▼神戸市立王子動物園へのアクセス情報はこちら

住所
兵庫県神戸市灘区王子町3丁目1
アクセス【公共交通機関の場合】

  • 阪急「王子公園」駅より西へ徒歩3分
  • JR「灘」駅より北へ徒歩5分
  • 阪神「岩屋」駅より北へ徒歩10分
  • 神戸市バス90・92系統「王子動物園前」
    バス停下車すぐ
  • 新幹線「新神戸」駅よりタクシー10分、
    または「布引」バス停より市バス90・92系統

【車で行く場合】

阪神高速3号神戸線

  • 摩耶ランプを降りて、北へ「西灘」交差点を
    左折10分
  • 生田川ランプを降りて、北へ「布引」交差点を右折15分

阪神高速5号湾岸線

  • 住吉浜ランプを降りて、「高羽」交差点右折、
    「弓木4」交差点を左折15分
電話番号078-861-5624(代表)
営業時間3月~10月 9:00~17:00(最終入園16:30)
11月~2月 9:00~16:30(最終入園16:00)
毎週水曜日定休日(祝日は開園)
12月29日~1月1日は休園

神戸市立王子動物園の駐車場情報

神戸市立王子動物園に、車で行く場合は
駐車場についてもチェックする必要
ありますよね。

駐車場は王子公園専用駐車場と、
近隣の駐車場を利用する2つの方法が
あります。

王子公園駐車場料金 (30分ごとの時間制)
    • 0~2時間までの30分につき150円
    • 2~4時間までの30分につき100円
    • 4時間を超える30分につき50円
三宮・花隈駐車場の利用割引

市営三宮駐車場・市営花隈駐車場を利用し、
公共交通機関で来園した場合、駐車料金を
3時間まで割引できます。

駐車券を動物園まで持参し、管理事務所で
提示してください。

  • 市営三宮駐車場
    神戸市中央区加納町6丁目
    電話:(078)391-5513
  • 市営花隈駐車場
    神戸市中央区花隈町
    電話:(078)341-5338

「市営三宮中央通り駐車場」の
利用割引はできません。
お間違えのないようご注意ください。

②神戸どうぶつ王国

2つ目は、神戸どうぶつ王国です。

神戸どうぶつ王国の最大の特徴は
バードショーが見れたり、
植物園を楽しめたりするところです。

また、小動物と触れ合うことができる
コンタクトアニマルズという
コーナーもあり、どちらかと言えば
小さなお子様が喜ぶ動物園では
ないでしょうか。

この動物園では、最近密かに
ブームである、珍しい鳥の
ハシビロコウを見られるのも
特徴のひとつです。

さらに、2018年3月17日オープンの
新エリア「ロッキーバレー
~北アメリカの動物たち~」は
5つのエリアで構成されており
そこでは、美しい水辺と野性味溢れる
動物たちの日常が垣間見れますよ。

ではここで、神戸どうぶつ王国の
入園料をわかりやすく表で
まとめましたのでご覧ください。

対象料金(税込み)
大人(中学生以上)1,800円
小学生1,000円
幼児300円
シルバー(65歳以上の方)1,300円
障害者の方大人 900円
子供 500円
幼児 無料

シルバー料金は公的機関の
年齢証明できるもの
(運転免許証など)を
ご提示ください。

*障害者の方は、障害手帳をご提示
ください。

神戸どうぶつ王国の入園券は
コンビニエンスストアの
セブンイレブン、ファミリーマート
ミニストップ、ローソンのいずれかで
購入すると、入園料が割引料金で
購入できるので、是非利用してください。

神戸どうぶつ王国公式サイト

神戸どうぶつ王国へのアクセス

▼神戸どうぶつ王国へのアクセスはこちら

住所兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1−9
アクセス大阪・姫路方面より
JR・阪急電車・阪神電車 三宮駅/三宮駅下車ポートライナー 三宮駅 空港方面 乗り換え
↓ 約14分「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車新幹線「新神戸駅より」
神戸市営地下鉄 西神・山手線 西神中央行
↓ 約2分
三宮駅下車ポートライナー 三宮駅 神戸空港方面 乗り換え
↓ 約14分
「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車
電話番号078-302-8899
営業時間■通常営業時間(3月~11月)
【平 日】10:00~17:00(入園締切16:30)
【土日祝】10:00~17:30(入園締切17:00)■冬期(12月~2月)は以下の営業時間と
なります。
【平 日】10:00~16:30(入園締切16:00)
【土日祝】10:00~17:00(入園締切16:30)

車でお出かけする場合は、
駐車場があります。

24時間500円と、リーズナブルに
駐車できますので利用してください。

神戸の動物園でパンダが見れるのは?

神戸にある動物園で、パンダが
見られるのは神戸市立王子動物園です。

⇒神戸市立王子動物園の詳細を見る

現在、神戸市立王子動物園には
旦旦(タンタン)というメスのパンダが
1頭だけいますので、パンダを見たい方は
神戸市立王子動物園をおすすめします。

神戸の動物園でふれあい体験ができるのは?

神戸には、神戸市立王子動物園と
神戸どうぶつ王国の2つの動物園が
ありますが、どちらにもふれあい
体験ができる場所があります。

⇒神戸市立王子動物園の詳細を見る

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

ですが、神戸どうぶつ王国の方が、
カピバラやアルパカ、カンガルー
ゾウガメ、羊の他に
ウサギ、モルモットなどの
小さな動物と触れ合うことができる
コーナーがとても充実しています。

神戸の動物園で水族館が併設されているのは?

神戸にある二つの動物園には
残念ながら、水族館が併設された
動物園はありません。

神戸には、神戸市立須磨海浜
水族園という大きな水族館が
ありますので水の中の生き物の
様子をご覧になりたい場合は、
こちらの水族館に、
おでかけください。

神戸市立須磨海浜水族園公式サイト

ただし、水辺の生き物という意味では
神戸どうぶつ王国の方に
アクアバレーやロッキーバレーという
展示場があり、そこで水辺に住む
生き物の様子を見ることができます。

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

神戸でこどもが楽しめる動物園は?

神戸の二つの動物園では、子供さんも
楽しめるようにそれぞれ工夫されています。

神戸市立王子動物園は、遊園地が併設されて
いますので、動物園だけでなく遊園地も
行きたいという子供さんにおすすめです。

⇒神戸市立王子動物園の詳細を見る

一方、動物が好きで自分も色々な動物に
触れて一緒に遊びたいという希望が
ある場合は、神戸どうぶつ王国が
おすすめです。

神戸の動物園でハシビロコウが見れるのは?

近年、ひそかなブームとなって
いるのがハシビロコウです。

このハシビロコウに会えるのは
神戸どうぶつ王国です。

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

神戸どうぶつ王国では、鳥類や
植物園も充実しているので
鳥や花も楽しみたい方に
おすすめの動物園です。

神戸の動物園でアルパカが見れるのは?

神戸どうぶつ王国では、アルパカが
展示されているだけでなく
実際にアルパカに触れ合うことが
できます。

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

屋外の開放的なスペースでは
可愛らしいアルパカが過ごしており
アルパカたちにおやつをあげることも
できるサービスがあります。(有料です)

神戸の動物園でカピバラが見れるのは?

見ると、何とも言えない表情が
私たちを癒してくれる動物、
カピバラは神戸にある2つの動物園
どちらでも見ることが可能です。

⇒神戸市立王子動物園の詳細を見る

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

なお、神戸市立王子動物園では
カピバラを見るだけですが
神戸どうぶつ王国では、カピバラに
触れ合うことができます。

神戸の動物園でデートにぴったりなのは?

神戸という街は、おしゃれですし
グルメも充実していて、デートの
場所としては、恋人たちに
ぴったりのスポットですよね。

デートで動物園に行こうと
決まった場合、大切なのは動物園の
周辺に何があるのか、動物園で
楽しんだ後に、美味しいレストランが
あったり、雰囲気の良い場所が
あるかも決め手になります。

神戸市立王子動物園も、神戸どうぶつ
王国も、デートスポットとしては
最適なのですが、強いて言えば
神戸どうぶつ王国をおすすめします。

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

神戸どうぶつ王国は、ポート
アイランドの中にあるのですが、
ポートアイランドは、グルメスポット
としてもとても有名です。

動物園を楽しんだ後に、美味しい
ディナーを楽しむコースは
いかがでしょうか?

神戸で三宮に近い動物園は?

神戸で遊ぶのに利用する主要な
駅のひとつに「三宮駅」があります。

この三宮駅に近いのは、
神戸どうぶつ王国です。

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

三宮駅からポートライナーという
モノレールに乗り換えて
神戸どうぶつ王国に行くことが
できますので便利です。

神戸の動物園でポートアイランドに近いのは?

神戸の動物園で、ポートアイランドに
近いのは、神戸どうぶつ王国です。

近いというよりは、神戸どうぶつ王国は
ポートアイランド内にあります。

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

ポートアイランドは、神戸港内に
作られた人工の島です。

ウォーターフロント都市として開発
された場所で、海の上に浮いた島では
日常をちょっと忘れる素敵な
時間を味わえます。

神戸の動物園でロッキーバレーがあるのは?

神戸の動物園でロッキーバレーという
コーナーがあるのが、
神戸どうぶつ王国です。

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

ロッキーバレーは、下記の5つの
エリアから構成されています。

ウルフクリーク

ウルフクリークは、ロッキーバレーの中でも
最大面積を誇るシンリンオオカミの
コーナーです。

水辺の中に横たわった倒木が中州にかかり、
そこをオオカミたちが自由に行き来します。

美しい水辺と野性味溢れるオオカミたちの
美しい姿を見ることができます。

ベアーキャニオン

「ベアーキャニオン」は新エリア東に
位置するアメリカクロクマを
展示しています。

奥には滝があり、小川が流れ、
溜池があります。

中央には大きな擬木があり、クマたちが
木登りしたり水辺や溜池で遊んだり、
植物の影で休む姿など、ロッキーの
大自然で見られるような、
ありのままの姿が見れます。

クーガーウォーク

クーガーとは、ピューマのこと。

ネコ科の動物ですが、生態を
間近に見られるのはとても
貴重です。

また、中央にはプレイリードッグたちの
住む岩場があります。

イーグルネスト

鷲の巣という意味を持つ、
イーグルネストでは、ハクトウワシを
見ることができます。

岩場と水辺で、悠然と過ごす
カッコいいハクトウワシを
ご堪能下さい。

ビーバークリーク

「ビーバークリーク」では、その名の通り
ビーバーたちがすごしています。

約 20mのオーバルになった水槽で
ビーバーたちは行き止まることなく
泳ぐことができ、陸地もあり餌を
食べる姿も間近で見ることができる
貴重なスポットです。

そのほか、別名ヘソイノシシと呼ばれる
クビワペッカリーや、関西での飼育は
神戸どうぶつ王国だけとなる、
シマスカンクも展示。

また、最近ではアメリカリスも
仲間入りして、賑やかに過ごしています。

神戸の動物園で花鳥園と併設されているのは?

神戸にある2つの動物園のうち
鳥と花が同時に楽しめるのは
神戸どうぶつ王国です。

⇒神戸どうぶつ王国の詳細を見る

主に、下記の3つのエリアで
楽しむことが可能です。

ウォーターリリーズ

このエリアには巨大なプールがあり、
およそ100種類のスイレンが
咲き乱れています。

スイレンの他に、古代エジプトで紙の
材料に使われたことで知られるパピルス、
南米の熱帯原産として有名な
オオオニバスなどが植えられています。

池には小型の熱帯魚が泳いでおり
有料で餌をあげることが出来ます。

また、こちらではバード
パフォーマンスショーを毎日2回
(土日は3回)開催しており
鳥たちの優雅な姿が楽しめます。

コンタクトパロッツ

こちらは、小型のインコやオウムが
自由に飛び回ったり、歩いています。

小鳥たちと自由にふれあえたり、
餌やりを楽しめる空間です。

鳥と遊びたいという方は是非
立ち寄ってみてくださいね。

フラワーシャワー

大きなグラスハウスに美しい花が
ぎっしりと咲き誇ります。

また、このエリアにはレストランや
カフェ、ショップが並び、自由に
休憩できる癒しの空間となっています。

神戸の動物園で遊園地と併設されているのは?

神戸の動物園で、遊園地が
併設されているのは、
神戸市立王子動物園です。

⇒神戸市立王子動物園の詳細を見る

さほど大きな遊園地では
ありませんが、観覧者や
メリーゴーランドなど小さな
子供さんも安心して楽しめる
乗り物がたくさんあります。

遊園地への入園料は
動物園の入園料に含まれていますが
乗り物代は別途支払って乗車します。

まとめ

いかがでしたか?

今回は下記についてまとめました。

・神戸市立王子動物園の特徴
・神戸どうぶつ王国の特徴
・パンダが見れるのは神戸市立王子動物園
・ふれあい体験が充実しているのは
神戸どうぶつ王国
・水辺の生き物が充実しているのは
神戸どうぶつ王国
・子供が楽しめるのは神戸市立王子動物園
・ハシビロコウが見られるのは神戸どうぶつ王国
・カピバラが見られるのは両方の動物園
・デートにおすすめなのは神戸どうぶつ王国
・三宮に近いのは神戸どうぶつ王国
・ポートアイランドに近いのは神戸どうぶつ王国
・ロッキーバレーや花鳥園があるのは
神戸どうぶつ王国
・遊園地と併設されているのは
神戸市立王子動物園

これらについてまとめてみました。

神戸と言えば、海辺ですので
動物園よりも水族館のイメージの方が
強いのですが、ご紹介した2つの
動物園も1日中楽しめそうですよね。

是非どちらの動物園にも行ってみて
お気に入りの動物たちを
見つけてみてくださいね♪

[adsense3]

コメント

    タイトルとURLをコピーしました